スポーツ外傷・障害

スポーツ「外傷」と「障害」の違い

 

スポーツ外傷」とは1回の急激で大きな力が加わって突発的に起こるケガです。

例えば転倒や衝突によって起こる足関節捻挫、大腿部打撲、肩関節脱臼などが

スポーツ外傷です。

 

スポーツ障害」とは繰り返されるスポーツ動作により、身体の特定の部位に

負担がかかり起こるケガです。

例えばオーバーユース(使い過ぎ)による疲労骨折、野球肘、テニス肘などが

スポーツ障害です。