腰椎椎間板ヘルニア

【腰椎椎間板ヘルニアとは?】

 

椎間板の中にある髄核が本来あるべき場所から飛び出して、神経根を圧迫してしまうことにより様々な症状が出る病態のことです。

 

 

【腰椎椎間板ヘルニアの症状】

 

腰の痛み(ぎっくり腰などで急激に起こる場合も含む)はもちろん、お尻や太もも、足の裏などにしびれが出ることもあります。また、進行してしまうと歩行困難など重篤な障害をきたすこともあります。

 

 

【腰椎椎間板ヘルニアの治療】

 

重症度や患者様のバッググラウンドにもよりますが手術療法と保存療法があります。

当院では、マッサージや電気治療、運動指導など手術後でも保存療法で治療を進めている方でもサポートすることが出来ます。

 

 


腰椎分離症

【腰椎分離症とは?】

 

腰椎の関節突起間部と呼ばれる部位の疲労骨折のことを言います。発育期のオーバーユースによる場合が多く、両側の分離症の場合は腰椎すべり症に移行する可能性もあります。

 

 

【腰椎分離症の症状】

 

限局した腰痛、臀部痛、下肢の重だるさなどがあります。運動のみならず、長時間の座位などでも起こりやすいと言われています。

 

 

【腰椎分離症の治療法】

 

一般的に保存療法が選択されます。骨癒合を期待しての治療や、疼痛軽減を目的としての治療では重症度にもよりますが期間が異なります。分離部の動揺性が強い場合では骨移植術や脊椎固定術などを行うこともあります。

当院では、疼痛軽減や骨癒合に対しての治療はもちろん、再発防止のための運動指導も行っております。